FC2ブログ

【出会い系体験談】本当にあった出会い系サイトのエロ・セフレ話

全国のヤリタボーイ&ヤリタガール全員集合!有名出会い系サイトで本当にあった、エッチでセフレでムラムラする体験談!【※18禁】

 

【ワクワクメール体験談】清楚で純粋そうに見えたが、ただのビッチでH好きな人妻でした

その他 

私は営業マンで、時々「外回り」に出た際

ビデオボックスで

時間を調整する時があります。


その時、出会い系サイトというものを

初めて活用?してみました。

パソコンを通じて「見知らぬ女性」と

やり取り・・・ドキドキしました。



その時、たまたま相手をしてくれたのが、

S美という女性でした。

彼女とは、それから3年くらい

「メル友」として続いていて、

ある日、ダメ元で「一度会わない??」

と誘ってみました。ちなみに彼女は九州在住



彼女は初め躊躇していましたが、、、

承諾してくれました。

僕は往復の飛行機を手配して、

待ち合わせの場所へ向かいました。

スッポカシを覚悟して…。



写メ交換をしていたので顔はわかりますが、

全体の容姿まではハッキリわかりません。



待ち合わせの場所に着いて辺りを見回すと、

こちらをジッと見ている女性がいました。

その時は「本当に来てくれたんだ!」

という思いと「どうしよう…」

という気持ちが複雑に交錯していました。



お互い初めてなので

「きっと、会話弾まないんだろうな~?」と、

思っていましたが、どちらともなく話し始め

何となく和んだ雰囲気になりました。



食事後、彼女が「カラオケでも行く?」

と誘ってきたのですが、正直「カラオケか~」

という気分でした。

それでも知らない街なので、

彼女に付いていきました。



昼間から酒なしで歌うのもなんだったので、

気付くとまた、お喋りになっていました。

元々彼女とのやり取りでは、

アダルト的な会話は一切してきませんでした。

嫌われないようにと。



一瞬、会話が途切れたので、、、、

唐突ですが「キスしてもいい?」と言って、

隣に座りました。



彼女は無言だったので優しくキスをしました。

少し震えているのがわかりました。

私はキスをしながら、勢いに任せて

彼女のワンピースの裾から手を這わせ、

敏感な部分に触れました。



すると「これ以上は、、ダメ、、」

と言われてしまいました。

そこから、何となく気まずい雰囲気になり、

帰りの時間になったので彼女にお礼を言い、

空港に向かいました。



空港から「今日は、ゴメン…」

とメールをしましたが

返信はありませんでした。



それから何度かメールしましたが

彼女からの返信はありませんでした。



もう忘れようとしていた頃、彼女から

「元気してるぅ~~?」という

メールが来ました。 



そこからまた何度かメールするようになり

ダメもとで「もう一度会いたいなぁ~~」

と送ってみたら、

「いいよ!会おう!」という展開に。



飛行機のチケットを手配して向かいます。

到着すると今度は彼女が

レンタカーを手配してくれていて、

彼女の運転でドライブとなりました。

私は前回の事があったので、

すべてを彼女にお任せしていました。



観光地を案内され「次はどこ行く?」

と尋ねたら

「景色の良い所に連れてってあげる」

と言われお任せしました。



しかし、着いたところは山の中腹に建つ

ラブホでした。私が驚いて彼女の顔を見ると

「この部屋から見える景色が凄く綺麗だから

ただ、変なことは絶対しないからね…」

と言われました。



部屋に入ると窓から港が一望でき、

本当に素晴らしい景色でした。

彼女は「昔同級生の男と来たことがあるの。

だけどその人とは、何もなかったんだよ」

と過去の恋愛話を始めました。



私は窓の外を眺めながら戸惑っていました。

彼女も同じように窓の外を眺めていたので

行くか!と腹を決め、

「今凄く戸惑っているんだけど…

あなたがほしい!」と言って

後ろから抱きしめました。



彼女は「ダメだょ~~」と言いながらも

私の手を払いのけることはしませんでした。

私は彼女の首筋、耳たぶを愛撫しながら

ベッドに寝かせ、スカートをゆっくり捲って

指でパンティーの上から、

敏感な部分を触りました。



そこは既に若干の潤いがありました。

私はズボンとパンツを脱いで

キスをしながら、

彼女のパンティーを脱がしました。



そして、蜜が溢れている蜜壷に

ゆっくり指を挿しこみました。

彼女は一瞬、反応したようでしたが

目をつむって、何かを堪えているようでした。



ワンピースとブラジャーを脱がし

私も全て脱ぎました。

小ぶりの乳首をゆっくり口に含み

転がしながらソフトに全身を愛撫しました。



彼女は時折「あぁ…ぁん…あ…ぁ」と小声で

悶えています。



そして、私の固くなった肉棒を彼女に握らせ

「あなたの大事なところに挿入するよ」

と言いながら、ゆっくり腰を沈めました。



彼女の喘ぎ声は

次第に大きくなっていきました。

私は彼女の声に合わせるかのように

腰の動きを激しく、

大きくグラインドさせて

奥深くに挿入しました。



「あぁ…あぁ…イイ…イィ…」という声が

一段と大きくなってきました。

そして私が限界に達したとき、

彼女のお腹に大量の精液を放出しました。 



私が「ゴメン」と言うと

「なんで謝るの?」って彼女。

「だって、変なことしちゃったから」



「ば~~~かww」

って言われてしまいました。

その日は時間の許す限り

彼女とセックスをし続けました。



それから何回か彼女の元を訪ねては

その都度快楽に溺れていました。



そんなある日、セックスをして

「帰り支度」をしていると

「もう今日で終わりにしましょう」

と急に言われました。



私は「なぜ???」という気持ちでしたが

彼女は何かを決めたようでした。



私はもっと彼女と「楽しみたい」

という気持ちで一杯でしたが

彼女の「決意めいた雰囲気」を察すると

何も言えなくなってしまいました。



もちろんメールのやり取りも途絶えました。



それから、何となく私と似たような

境遇の人が口コミサイトに

自身の体験談を書いていました。



内容を読み進めていくと驚愕の事実が。



~書き込み内容~

「先日、同級生の彼女に会いました。

オレが仕事で行き詰まっている時、

いつもメールで励ましてくれた」



「単身赴任先から一時帰って来たとき

彼女を誘った。同級生というよりは

大人の女性になっていたね。」



「ドライブをして食事をし、

以前彼女と行ったことがあった、

ホテルに誘った」



「彼女は、何もしないからねと言いながらも

ついて来た。部屋に入ると会社の事や

同級生の事、家庭のことなどを話しながら

どちらからともなく唇を重ねた」



「以前来たときは、何もしなかったけど

その日は部屋の照明を落として、

お互い裸のまま繋がった。

何度も何度も彼女を責め続けた。

テクも凄くて、さすが人妻って感じだった」




私はこの書き込みを読んで

別れを切り出された理由が分かりました。

既婚者で人妻だったんです。



しかもその書き込みには続きがあり、

その彼は今でも、単身赴任先から

一時帰宅する度に彼女と会い

セックスを繰り返しているそうです。



真面目そうに見えてなかなかの悪女でした。



【出会い系ランキング】(登録完全無料!)



tag : ワクワクメール エロ 体験談

   
プロフィール

▶ 管理人プロフィール

【18歳未満閲覧禁止】
18禁

アダルトブログランキングへ
当サイトは成人向けサイトにつき、18歳未満の方は速やかにご退出ください。
ナンパあんてな
ナンパあんてな

ストナン
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
出会い系サイト攻略法
PCMAX
RSSリンクの表示
リンク
タグ

エロ 体験談 イククル PCMAX ワクワクメール ミントC!Jメール ハッピーメール 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する