FC2ブログ

【出会い系体験談】本当にあった出会い系サイトのエロ・セフレ話

全国のヤリタボーイ&ヤリタガール全員集合!有名出会い系サイトで本当にあった、エッチでセフレでムラムラする体験談!【※18禁】

 

【Jメール体験談】リアルAVみたいな人妻のエロさとテクにやられ中出し3連発

その他 

出会い系サイトを利用した時の体験談です。

とりあえず誰でもいいから

すぐに会ってHしたかったから、


掲示板に書き込んで

連絡がきた人に即返信して

待ち合わせを決めた。



待ち合わせ場所に行ってみると、

川原亜矢子みたいな熟女がいた。

見た目から察するに

俺の最高年齢を更新する勢い。

おそらく35才付近。



若い子が好みなので正直ガックリしたが

溜まってたもので我慢できずに声をかけた。



近くのファミレスで昼ご飯を食べ

話をしていくと、彼女はどうやら人妻さんで

旦那とのHの回数が少なく、

欲求不満でだそうで、俺以上にサカっていた。



俺と同じで「すぐにでもHしたい!」

って雰囲気がビンビンに伝わって来た。



俺の車に乗り込みホテルに行くことになり、

パーキングで車に乗り込むと、

まずは身体検査。



黒のニットを着ていたので

見た目はスレンダーな感じだが

オッパイは結構大きい(推定D~Eカップ)

歳の割にくびれもしっかり。



冗談で「ここでしゃぶってよ?」

と言うと、いやらしい顔になって

「Hね~」

と言って髪をかき上げ

本当にしゃぶってきた。



しかも若い子みたいな勢いだけの

フェラじゃなくて、ゆっくり(ネットリ)

とした、いやらしいフェラ。



溜まってた俺は5分もしないで

彼女の頭を押さえつけ

口にドバドバっと大放出してしまった。



彼女は最後の一滴まで口で吸い出してくれて、

射精後のチンポはキレイなまんま。

身体を起こすと、AVみたいに手の平の上に

俺のザーメンを吐き出して

「いっぱい出しちゃって~、元気ね~」

とザーメンを見ていやらしく言った。



その後、また手の平に出したザーメンを

口へと持っていき

すべてきれいに飲み込んだ。



俺はその光景だけで

また勃起してしまった。



「旦那さんにもそうやってするの?」

と意地悪に聞いたら

「旦那にこんなHなこと

できるわけないでしょ?」と笑った。



ホテルに向かっている途中

運転中の彼女の身体を触ったりして

移動時間も車内で楽しんだ。

20分ほどでコテージタイプのホテルに到着。



車を降りてホテルの玄関に入るなり

後ろから彼女に抱きつき全身をさわさわ。

スカートの中に手を入れると

パンティ越しにも濡れているのが

はっきりと分かった。



「濡れてるね?」と聞くと

「フェラしてた時からよ」

といやらしく微笑んだ。



「シャワーする?それともこのまま?」

と聞くと

「このままお願い」

と言って舌を絡めてきた。



彼女と抱き合いながらベットに倒れ込み、

俺も服も脱がずにジーパンと下着だけ脱ぐと

彼女のパンティを一気に下ろし股を開かせ、

ダメ元で「このまま(生で)でいい?」

と彼女に聞いた。



すると彼女はいやらしい上目使いで

「ふふ、悪い子ね~

ナマで私の中に入れたいのぉ~?」

と言ってきた。



「いいの?」と聞くと

「どうするぅ?良い子ちゃんは

ちゃんとゴムするよぉ?」

と言いながら

自分からアソコを広げてきた。



願ってもない状況に「じゃ、このまま!」

と生で一気に挿入。

一気に奥まで入れて激しく動くと

彼女が「待って、待ちなさい」

と言って俺の動きを止めた。



「最初はゆっくり・・・ね?」

と言って状態を起こすと

騎乗位になって腰をくねらせだした。

彼女の膣内は俺が今まで味わってきた

どんな若い子なんかよりも全然気持ちよくて

一度口で抜いた後だというのに

またすぐにイキそうになった。



彼女もそれを察したのか

「ふふっ、もうイっちゃいそうなの?」

と言ってきた。

「・・・ハイ」と答えると

一旦俺のチンポを抜いてベッドに寝る。



そして、また自分から股を開いて

「入れて・・・」と俺を誘った。

まだ入れてから間もないというのに、

俺のチンポには彼女の愛液が

ベットリと絡み付いていて、

まるでローションをたっぷりと

塗ったようにテカっていた。



ゆっくりと彼女の中にチンポを沈めると、

ゆっくり奥まで入れただけでイキそうになり

思わずチンポがビクンと痙攣した。



彼女が上半身だけ起こして

俺の顔を覗き込みながら

「もうイっちゃう?…イってもいいよぉ~」

と言ってきた。



「もうイキそう・・・出してもいい?」

と言うと

いやらしく微笑んで「いいよぉ~」

と言った。



「何処に出す?」と聞くと

「ふふ、どこでもいいよぉ~

好きな所に出して」

と余裕たっぷりの笑顔で言う。



「このまま出していい?」と彼女に聞くと

「えぇ~?このままぁ?中にぃ?

イケナイ子・・・私ぃ~、

一応人妻なんだけどぉ~?」



俺はもう彼女の言葉だけでイキそうでした。

そして射精に向けチンポに力を込めて、

イクのを我慢しながら数回、

彼女の中を突きました。



「・・・・・っく・・・あっ!出る」

「やぁ~、中に出そうとしてるぅ~、

いいよぉ~私の中にいっ~ぱい出しなさい」



俺はこの言葉で遂に限界を向かえ

チンポを抜いて彼女の膣内に射精しました。

彼女はドクン、ドクンと

俺のチンポが脈打つ度に

「あん・・・あん」

と言って俺の射精を受け止めた。



射精を終えて彼女の中からチンポを抜くと、

彼女は自分でオマンコに指を入れて

俺のザーメンを確認する



「こぉ~んなにいっぱい出しちゃって

・・・イケナイ子ね」と言った後

「貸しなさい」と言って

俺のチンポを口でキレイにしてくれた。



それからシャワーを浴びて

泡でヌルヌルの彼女と抱き合っていると

またチンポが復活してきたので、

シャワーで泡を流して壁に手を付かせ

立ちバックで挿入。



既に2回も出しているので余裕があり

後ろからガンガン彼女を突くと

今度は彼女も感じて

「ああ~いいよぉ~、後ろから犯されるの

好きぃ~、もっと犯してぇ~」

と甘い声で言ってきた。



そのままの体勢で風呂場を出て

洗面所の縁に彼女の手を付かせ

鏡に映るいやらしく感じる顔を見ながら

さらに激しく突き上げる。



彼女も「いやぁ~、えっちぃ~」

と感じてくれて、オッパイを片手で揉み、

片手でクリを攻める。



「あっ、あっ・・・それダメ感じるぅ~」

と腰をクネクネさせてきた。



イカせてみたくて、そのまま激しくすると

「あ、ダメいくぅ・・いっちゃうぅ~」

と身体をピクピク震わせてきて

「いってもいいよ?」と俺が言うと

「ああ~、いくぅ~」と言って崩れ堕ちた。



一旦抜いてから彼女を抱え上げ

ベッドに移動。

またバックで入れてから俺の動ける

最大の速度で激しくピストン。



彼女はイった後で敏感になってたらしく、

「だめぇ~、気持ちよ過ぎる~」と大絶叫。

俺も興奮して3回目を出しそうになったので、

彼女に後ろから

「イキそう、何処に欲しい?」と聞くと

「そのまま、中にちょうだい~」と言った。



俺は3回目だというのに

バックから彼女の中にドクドク大放出。

チンポを抜くと彼女はバタっと横になり

中出しされたオマンコを拭きもしないで

「気持ちよかったよぉ~」

と満足げな顔で俺に言った。



俺も「3回も出せてすっきりした」

と彼女の上に重なって言った。



枕元のティッシュを取り、

オマンコを拭いてあげると

拭いても拭いても奥の方から

中出ししたザーメンが溢れてきた。



「いっぱい中に出しちゃった~」

と彼女にティッシュを見せると

「通りでお腹の中が熱いと思った~、

こんなに出しちゃってぇ~」



とティッシュをマジマジと見て

「…いっぱい出してくれて嬉しい」

と笑顔で俺に言った。

きっと旦那に相手にされなくて

寂しかったんだろう。



その後またフェラされたら勃起しちゃって

4回目を正常位で中に発射。

「3回も中に出されたら出来ちゃう~」

と言いながら感じていた。



気になって帰りの車の中で

「中で出しちゃったけど

今日安全日だったの?」と聞くと

「さぁ~、どうだったかなぁ~?

でも中に欲しかったからいいよ」

と笑っていた。



また彼女に会ってHしたいです。



【出会い系ランキング】(登録完全無料!)



tag : ミントC!Jメール エロ 体験談

   
プロフィール

▶ 管理人プロフィール

【18歳未満閲覧禁止】
18禁

アダルトブログランキングへ
当サイトは成人向けサイトにつき、18歳未満の方は速やかにご退出ください。
ナンパあんてな
ナンパあんてな

ストナン
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
出会い系サイト攻略法
PCMAX
RSSリンクの表示
リンク
タグ

エロ 体験談 イククル PCMAX ワクワクメール ミントC!Jメール ハッピーメール 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する