FC2ブログ

【出会い系体験談】本当にあった出会い系サイトのエロ・セフレ話

全国のヤリタボーイ&ヤリタガール全員集合!有名出会い系サイトで本当にあった、エッチでセフレでムラムラする体験談!【※18禁】

 

【Jメール体験談】主人以外の男性にハマったSEX依存症気味の私

その他 

私は37歳のどこにでもいる

ごくごく普通な主婦です。


優しい主人と3人の子供たちに囲まれて

平凡ですが幸せな毎日を過ごしていました。

結婚して16年・・・主人とのSEXは

今でも週1ペースであります。



でも、そのSEXで私が絶頂に達することは

ほとんどなく、それどころか最近では

濡れることさえ困難な状態です。

なのに、求めていくのはいつも私。



そんな女として満たされない思いを

隠しながら過ごしていました。



子供たちもそれなりに大きくなり

自分の時間が持てるようになった今

とうとう私は出会い系サイトに

足を踏み入れてしまいました。



そこで知り合った彼は

私の住んでいるところから目と鼻の先。



近所というだけで恐怖を感じましたが

それでも「単身赴任」という文字に

ためらう気持ちよりも

「彼がここにいる期間だけでも

何もかも忘れて女の喜びを感じたい」

そんな気持ちで

彼とメールのやりとりが始めました。



私が長い間ずっと抑えていた欲情は

二人の距離が縮まっていくスピードを

どんどん早くしていきました。



まずはお互いを実際に見てみたくなり

レンタルビデオ屋さんで待ち合わせをして

「顔だけ確認し合おう」

ということになりました。



ダークグレーのスーツにメガネ

私はお店に入るなり彼を見つけました。

そして笑顔で挨拶。



彼はとてもステキな人で

私はほとんど一目惚れ状態。

それだけで帰るつもりが

店内には私たちしかお客はいない・・・

私たちは店の奥の方へ行きました。



そこで言葉を交わしました。

誰かに見られたら・・そう思うと

長い時間そこに留まってはいられません。



帰り際、ごく自然に彼が握手しようと

手を差し出してきました。

私も手を差し出し握手すると

彼はその手を強く握り私を引き寄せ

顔を近付けてきました。



驚いた私は軽く唇が触れたところで

彼から離れ、彼の目をじっと見つめてから

お店を出ました。



その夜はなかなか眠れませんでした。

ステキな人だったから嬉しくて…

いきなりキスをされたから…

それともキスが物足りなかったから…

もう彼の事で頭がいっぱいになりました。



翌日そのことをメールで送りました。

すると仕事の都合をつけてくれた彼が

「少しだけでいいから会いたい」

と言ってくれ会うことになりました。



待ち合わせ場所の駐車場へ行き

車の中で話し始めました。



途中から興奮を抑えることが

できなくなってしまった私は

「あのキスじゃ物足りなかった…」

と自分から激しく唇を重ね

舌を絡ませ唾液を吸い合いました。



そして私の手は彼のズボンの中へ。

久しぶりに触る主人以外の物・・・

それは今までの経験の中でも

比べようがないほどの大きさ・・。

色も形もとても卑猥でした。



まじめだった私を

どんどん大胆にさせていきます。

何のためらいもなく

彼の大きい物を口に含みました。



「求めていた物が今、手に入った」

私の身体はその喜びで溢れかえっていました。



「触って欲しいの?」

彼の言葉に首を縦に振りました。

淫乱になってる自分に恥じらいながらも。



「もうビショビショじゃないか・・・」



本当は「今すぐここで入れて欲しい・・・」

と言いたかったのですが、

その日は時間もなかったので

先に進むことはできませんでした。



その日は欲情を我慢しながら仕方なく帰宅。

夜にメールで「我慢できない・・・」と

お互いを求め合うメールを交わしました。



そして翌日、会う場所と

時間の約束をしました。

私は益々大胆になっていきました。



「これで三日連続、会いましたね・・・」

彼とこんな会話を交わしながら

現実のしがらみを忘れた

「ただのひとりの女」になっていました。



レンタルビデオ屋さんでの初対面・・・

唇が軽く触れただけのキス。

その翌日、車の中で激しいディープキス

久しぶりに触った主人以外の物。



そして、そのまた翌日・・・

私は彼と同じベッドへ・・・。



その日は私の方が

先に待ち合わせ場所に着きました。

少し遅れて彼がやって来て

私は彼の車に乗り込みました。



彼の顔を見るなり自分の体が

急激に熱くなるのを感じました。

そして ホテルの部屋へ・・。



彼が仕事の電話をしている間に

先に軽くシャワーを浴びてベッドの中へ。

冷たいシーツにくるまり彼を待ちました。

ドキドキ・・・自分の鼓動を聞きながら。

そして彼がベッドの中へ入ってきました。



「早くこうなりたかった・・・」

と言って、激しく唇を重ね合いました。

お互いの口の中で絡み合う舌と舌・・・



唇を離し、目を見つめ合っては

また吸い合う・・・

そして彼の唇は私の耳へ・・・

耳を舐められるのなんて

何年ぶりだったでしょうか・・・



思わず「ぁぁぁ~」と息が漏れて

一気に体の力が抜けていきました。

私の乳房に彼の手が・・・

乳首を吸い・・・摘む。



「とてもいい色・・・いい乳首だ・・」

彼の言葉が私の女心をくすぐります。

私の右手は彼の物を握りしめています。



そして昨日の続き・・・

彼の物を口に含みました。



「ホントに大きい・・・」

そう確かめるように口を動かし

舌で舐めあげていきました。



口を離すと「ユリのも見せて・・・」と

私の恥ずかしいところを覗きこむ彼。

「もう こんなになってる。

そんなに欲しかったのか・・・?」

彼は顔を近付けてきました。



熱くなってるところに

冷たい舌を感じるのも久しぶりで

喜びに溢れかえる私の体



「もう・・入れてほしいの・・・」

うつろな目で彼に訴えました。



そして私の上に体を重ねようとする彼に

「上になりたいの・・・」

と言って彼の上に跨り彼の物を私の中に



「あぁ~スゴイ・・・」

改めて彼の大きさを感じた瞬間でした。

それから私はクリトリスを擦り付けるように

腰を動かしました・・・



久しぶりに、ホント久しぶりに

深い絶頂に達しました。

そしてもう一度私の好きなように

腰を動かしているとまた絶頂が・・・



そのあと彼は私の上へ

すると彼が

「そろそろイキそうだ…どこに出そうか?」

「口の中に出して・・・」



彼はストロークを早めながら

「イクよ!」



彼は私から離れると

小さく開けていた口の中に発射しました

口の中で溢れ出ている精液を

ためらうことなく、ごっくん!

と飲み干しました。



そのあともまだまだ出てくる精液を

舌でペロペロ舐めながら

幸せな気持ちに酔っていました。



プレイが終わり

幸せいっぱいの気持ちで家へと戻りました。



それからまた数日後、

彼の物がまた欲しくなってしまい

再びホテルで再開。



部屋に入って早々、抱き合いました。

服の上から胸を触る手に

私が自分の手を重ねていると

彼の唇は私の右の耳へと這っていきます。



右肩の方から力が抜けていき

私は振り向いて彼の唇にキス。

何度目かのキス・・・余裕も出てきました。

彼の舌を私の口の中に導き

自分の舌で彼の舌をなぞります。



服を脱がせあってベッドへ・・・

冷たいシーツに二人思わず苦笑い。

そして力強く抱き合い

もう一度優しくて激しいキス。



少しためらい気味にペニスを触り

「本当は車に乗り込んだときから

触りたくてたまらなかったの・・・」

「あぁ~今日も大きい・・・」

「早く咥えたい、しゃぶりたい・・・」



フェラチオしたいことを

彼に恥じらいもなく訴えました。



すると意地悪そうに



「どうしたいの?」

「お口に入れたい・・・」

「お口に入れてくださいだろ?」

「お口に入れてください」

彼のペニスを口に含みます。



口を離してじつくり眺める。

亀頭も大きく綺麗なピンク色。

眺めてはしゃぶってを繰り返します。



ずっとこのペニスが欲しくて

思い出してはおまんこを濡らしていました。

ご飯を食べていても、子供と遊んでいても

このペニスが頭から離れなくて・・・



私の愛液はアヌスにまで流れてきていました。

彼にまた目で訴えかけると

「どうしたいの?」

「・・・入れて・・・」

「ちゃんと言え・・・」

「おまんこにペニスを入れてください」

「入れて欲しいのか?我慢できないのか?

じゃあ入れてやろう」



そう言うと彼は私の上に乗り

おまんこの入り口にペニスをあてがい、

くちゅくちゅとまさぐります。



「あぁ~早くぶち込んで・・・」

少し焦らしてからズボッ!

と大きなペニスは私のおまんこに・・・



挿入したまま彼がクリトリスをいじくります。

「クリトリスがこんなに大きくなってるぞ

勃起してるじゃないか」



私のおまんこの中に入った

愛液まみれのペニス・・・

それに手をあてがうと

私の興奮は高まる一方でした。



「ユリはドスケベな女ですって言え」

「ユリはドスケベな女です」

「毎晩このペニスを

おまんこに入れて欲しいですって言え」

「毎晩このペニスを

私のおまんこに入れて欲しいです」



私の中の「M性」が騒ぎ出しました。

「そろそろイクぞ」と彼。

「今日はどこに出して欲しい?」



精液も飲みたい…けど顔に出すのもいい…

「口・・・顔・・・」

「どっちがいいんだ?」

恍惚とした顔で彼が聞きます。



「顔・・・」

すると彼は私から離れドロッとした精液が

頬から口元にかかりました。



舌で舐め、ペニスの先を舐め回す

このときの私の顔は

「とてもエッチなんだろうなぁ~」と

思いながら、没頭していました。



夕方

家族と楽しい団らんのひととき。

子供たちの笑顔が心に染みます。



「私はみんなを裏切っている・・・」

そんな罪悪感から自己嫌悪。



「もうこんなことはやめよう」

そんな気持ちになりました。



しかし「本当にそう思ってるだろうか…?」

いつまでこの気持ちが続くのか

ハッキリ言って私にも分かりません。



夜になり、ひとりでお風呂に入ると

また思い出してしまう。

さっきまで彼が噛んでいた

乳首を触りながら。



陰毛に目をやるとべちょべちょになって

私の中に入っていたペニスを思い出す。



彼とSEXをしながらの卑猥な会話…。

SEXが終わった後の楽しい会話…。

小さくなったペニス…

眠そうな彼の顔…



きっと体は

また欲しくなってしまうんでしょう。

やめられるか自身がありません。



【出会い系ランキング】(登録完全無料!)



tag : ミントC!Jメール エロ 体験談

   
プロフィール

▶ 管理人プロフィール

【18歳未満閲覧禁止】
18禁

アダルトブログランキングへ
当サイトは成人向けサイトにつき、18歳未満の方は速やかにご退出ください。
ナンパあんてな
ナンパあんてな

ストナン
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
出会い系サイト攻略法
PCMAX
RSSリンクの表示
リンク
タグ

エロ 体験談 イククル PCMAX ワクワクメール ミントC!Jメール ハッピーメール 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する