FC2ブログ

【出会い系体験談】本当にあった出会い系サイトのエロ・セフレ話

全国のヤリタボーイ&ヤリタガール全員集合!有名出会い系サイトで本当にあった、エッチでセフレでムラムラする体験談!【※18禁】

 

【ワクワクメール体験談】主人と子供がいる私ですが月3~4回大学生の男の子に抱かれています

その他 

出会い系サイトで22歳の大学生男性と

イケない関係を築いてしまいました…。


子供も手が離れ少しでも家の収入をと思い

やっと主人の許可が出ましたが

「昼間の仕事にしろ!とうるさく

昨年の春に近くのスーパーで

9時から13時までのパートに

出る事にしました。



仕事をするのは12年ぶりで

わくわくしていました。

特に20代の男性と話すのも新鮮で

楽しく仕事をしていたのですが

ただ、昼から家に帰ると

なんか寂しい日々が続いていました。



そんなある日、主人がたまに持って帰る

スポーツ新聞が目に入り

読んでいたら出会い系サイトの広告が…



普段ならさっさと捨てるのですが

その日は興味本位で

サイトを開いてしまいました。



見ると年齢は様々で、おじ様みたいな人や

ねっとりといやらしいことを言ってくる人

色んな男性がいました。

ひとまず遊び半分で見知らぬ人達と

メールをする日々が続いていきました。



パートにも慣れた頃

「いつか若い子とデートでもしたいな…」

と思うようになっていきました。

仕事を終えて家に帰るも

やはりどこか寂しく、何か刺激がほしい。



主人とも、もう5年ほどレス状態で

相手にもされていなかったので

つい出会い系で時間を潰すことが

多くなっていきました。



そんなある日、22歳の大学生

航くんとメールをする事になりました。



他の人はだいたい話をしていても

「ヤラせてよ」とか「なんぼで?」とか

「今どんなことしているの?」

などの話で終わるのですが

航くんは意外にも

普通の会話をしてきました。



気が付いたら、やたらと褒められている私。

すると、航くんは

「奥さんとデートしたいな~」

と切り出してきたので

「会うのはダメ…」と一度は断りましたが

でも久々に褒められ

なんとなく悪い気分じゃなかったので

「じゃ~番号教えて」

と私から番号を聞き出し、

待ち合わせ場所を決めて3日後会うことに。



待ち合わせの場所で遠くから見て

変な人なら非通知で断ろうと思いましたが

意外とさわやかな人だったので

会う事にしました。



航くんと話すと気分も心地よく

食事をしたり服を見たり

楽しい時間が過ぎて行き

また次の週に会うことになりました。



そして、待ちに待った日。

航くんが車で現れ

「今日は良い所に連れてってあげる!」

と言ってドライブへ。



車で一時間ほど走ると

着いた場所はなんとラブホテルの駐車場!!

ためらう暇もなく、中へ…



パネルを見ながら「ダメよ」と言うと

黙って手を引かれエレベーターに…

あまりの強引さに胸がドキドキで

気が付くと部屋に入っていました。



航くんに

「奥さん…いや、凜花さんみたいな人を

抱きたかった」と言われ

「えっ…」と思ったのも束の間

そのままキスされ、頭が真っ白に…

気が付いたら航くんの手が

私のスカートの中に移動していました。



あそこの上に指が来た時

「あぁ…だめ、だめ…」



そのまま上着を脱がされ

ブラウスのボタンを一つずつ外されて

気が付けばブラのホックも…



「凜花さん…凜花さん…」

と胸を揉みながら吸い始めました。



「あぁ…」

すると、そのまま下の方に…

航くんの手が私のパンストと

パンティーを下げていきます。



必死で股を閉じ片手で抑えましたが

スルッと脱がされてしまいました。

もう恥ずかしくて

「どうしよう?」と思っていたら

航くんの顔が私の両足に…!



「凜花さん、足を開いて」と言いました。

「えぇ?だめだめ…」

そして、航くんの顔がスカートの中に…

音を立ててペロペロ舐めてきます。



こんな強引に…

「あぁ…あぁ…」

気付くと私はイっていました。



その後ベッドまで抱えられ

航くんが服を脱ぎ始めました。

もう、航くんのおちんちんは

ギンギンにそそり立っていました。



主人とは比べ物にならないほど大きく

さらに太く長いです。



私はスカートも全て脱がされ

航くんが私の上に乗り

そのままおちんちんが、私の口元に。



「凜花さん咥えて」

言われるがまま

航くんのおちんちんを咥えました。



実はおちんちんを咥えた事がなく

主人もそんな事をするタイプでなかったので

少し戸惑いました。



ちょっと臭いがしましたが

必死にしゃぶっていると航くんが

「いいよ、気持ちいい」

そしたら

「もっと先…早く、早く…」

航くんは私の顔を抑えながら

口の中に白い液を発射しました。



「あぁぁ…」と思いましたが

頭を抑えられてしまい

さらに航くんから「飲んで」と言われたので

少し気持ち悪かったのですが…ゴックン



やっとフェラから開放されたので

そのままお風呂場へ口を濯ぎに行きました。



航くんに「気持ちよかったよ」

とやさしく話しかけられると

歳を忘れ抱きついてしまいました。



その頃には恥ずかしさも忘れ

もう頭の中がふわふわでした。



湯船にお湯をためる間

航くんがマットを敷き出して

「ソープごっこダー」と言って

液をつけ私を寝かせて

ヌルヌルと遊びだしました。



するとその瞬間、航くんのおちんちんが

スッと私のおまんこに!

液で初めは分からなかったのですが

奥まで入った瞬間「ズンっ!」きました。



航くんが動く度に声が出てしまうほど

気持ちが良く、ズン、ズン、と突かれる度

我慢できなくなり

「ストップ…漏れそう…我慢できない」

「なにが?…えー…なにが?」

「…おし○こ、漏れちゃうよ…」



すると航くんが抜いてくれて

安心した瞬間、両足を開かれ

「おし○こ出して!」

「もう恥ずかしいし、ヤダ…

無理…トイレ行く…」



「じゃあ、入れるよ!」

「えぇ…」と思っていたら今度は指が

「さぁ、早く」

もう、気持ちいいのと我慢の限界で

「あぁぁぁぁ…」

と少しずつ、おし○こを出してしまいました。



そしたら、航くん私のおまんこを

舐め始めました。



「あぁぁ…だめだめー」

もう我慢できず

航くんのお口、顔にシャー!!!

恥ずかしさのあまり

手で顔を隠しますが止まりませんでした。



「凜花さんのおし○こ綺麗で美味しいよ」

今度は航くんが体を洗ってくれて

一緒に湯船に浸かりました。



そういえば、主人とお風呂なんか

なかったなと思い出しながら。



航くんがお風呂を先に出ると

私はなんだか不思議な気分でした。



もう今日はこのまま抱かれてしまおう!

なんて思いながらお風呂から出ると

航くんが丁寧に体を拭いてくれ

そのままベッドへ行きました。



航くんにキスされ、体中丁寧に舐められて…

それだけでイキそうになります。

すると航くんが、またしても私のおまんこを

舐め始めました。



「あぁ…いい…気持ち…いぃぃ…」

するとあそこに太い物が入ってきました。



少し違和感を感じた瞬間

ブゥゥゥゥゥゥンという音が!

「気持ちいい?」

よく見るとバイブが刺さっています。



「あぁぁ!あぁぁ!」

「吹き出てるよ?」


ブゥゥゥゥゥン!

「凄いよ凜花さん!」

「航くん、これどうしたの?」

「そこで、買った」

「えっ!どこで?」

「そこの自販機♪」



そんなものもあるんだと思いながら

私はバイブで何度もイってしまいました。



気が付けばバイブに電灯が点いて

益々恥ずかしさが込み上げてきましたが

ついに航くんのおちんちんが

入ってきました。



「ぁぁあ…ぁぁああ!」

「ゴムして…」とお願いしましたが

「大丈夫だよ、さっき一回出してるから

もう薄いよ」

「・・・・??」



と思っていたら

「じゃあ、上に乗って」と航くん。



終始航くんのペースで歳を忘れて

腰を振る私がそこにはいました。

主人とは持っても15分で、すぐ寝てしまい

しおれて使い物にならないのに

航くんのはいつまでもギンギン。



「今度はバックだ!」と航くん。

四つん這いにさせられただけでも

恥ずかしいのに

後ろから突かれるともう快感でした。



航くんが

「凄いよ凜花さんのおまんこから

沢山のおつゆが」



もう、バックだけで3回イってしまい

声も止まらない状態でした。

今度は仰向けにされ、両足をガバっと開かれ

航くんが、足で固定。



「凜花さん、自分の手でおまんこ開いてよ」

と言いました。



「…イヤ、イヤ、…」

「えぇー、じゃあ、入れないよ…」



足は固定され動けなくなり

ついに私は言われるがままに

指でおまんこを広げました。



「奥まで見えるよ…」

もう恥ずかしさでいっぱいでした。



すると、カシャ、カシャと

「顔を上げたら写るよ」と航くん。



「もう~止めて」と言ってると

「ごめんね」と言い出したかと思ったら

「ご褒美」って言って、私に覆いかぶさると

大きいおちんちんがヌルりと入り

オッパイを揉みながら乳首を吸い始めました。



すると航くんが

「凜花さんみたいな

人妻のオッパイを揉みながら

エッチがしたかった!

これからも抱いていい?」


と聞いてきました。



私は気持ちが良いのと

やさしく言われた事で

ただ頷くだけでした。



すると、だんだん腰の振りがが早くなり

「もう、出すよ…」

「え?あぁ…あぁ…だめーだめー...

中はだめー....あぁぁ…あぁ~~~」



私が必死にダメと言っても、

「イクイクイク~~~」

で聞こえないふり…。



そして私は抱きしめられながら

「あー!イクー、う~~」

と、そのまま私の中で果てました。



しばらくするとおまんこの中が熱く感じ

本当に中出しされたんだと分かりました。



航くんが

「ごめん、ごめん…大丈夫?」

と心配そうに聞いてきましたが

私も今日は大丈夫と感じていたので

「いいよ」と一言。



するとキスされ

再びおちんちんを入れてきて

腰を振り出しました。



私は驚いてしまいましたが、

その元気なおちんちんにやられ

3回も中出しされました。



朝9時から16時まで

航くんは7回精射しましたが

全然元気でした。



その後も月3~4回エッチしていますが

中出しは安全日のみにしています。

できてしまったら、もう会えなくなるので。



でも、強引で元気な航くんは

たまに我慢できない時もあり

生理中でもそのままやられています。



もうすぐ1年、航くんも出会い系サイトも

やめられそうにないです。



【出会い系ランキング】(登録完全無料!)



tag : ワクワクメール エロ 体験談

   
プロフィール

▶ 管理人プロフィール

【18歳未満閲覧禁止】
18禁

アダルトブログランキングへ
当サイトは成人向けサイトにつき、18歳未満の方は速やかにご退出ください。
ナンパあんてな
ナンパあんてな

ストナン
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
出会い系サイト攻略法
PCMAX
RSSリンクの表示
リンク
タグ

エロ 体験談 イククル PCMAX ワクワクメール ミントC!Jメール ハッピーメール 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する